長崎県諫早市多良見町のぞみ公園 星空観望会 2007

8月28日(火) ごご6時30分 のぞみ公園広場に集まれ !!
諌早市多良見町のぞみ公園 第12回 星を見る会

 夏休み恒例の、のぞみ公園 「星を見る会」 は、今年は28、皆既月食 (かいきげっしょく) の日に開催します。
 右の予測時間でも分かるとおり、この日の多良見町では、日没と月の出と皆既の始まりが午後
50分頃の同時刻に集中しています。つまり西の空に日が沈む頃、完全に地球の影 (かげ) に入り込んだ状態の月が東の空に姿を現すことになります。
 
月食中の赤銅色の満月が地平線から浮かび上がるという幻想的な光景が見られるでしょう。
 
時半頃からお月さんは地球の影から脱出し始め、時過ぎにはいつものまばゆい満月に戻ります。
当日の予測時間 【諫早市多良見町】

16時52分 (半影食の始まり)
17時51分 (月食の始まり)
18時49分 月の出
18時51分 日没
18時52分 皆既食の始まり
19時36分 みずがめ座σ星の潜入
20時17分 薄明終了
20時19分 みずがめ座σ星の出現
20時23分 皆既食の終わり
21時24分 月食の終わり
22時22分 半影食の終わり

 本来なら満月であるはずの月が、ちょうど地球の影に隠され、太陽の光が届かなくなる現象が月食です。
 皆既中の月は真っ暗にはなりません。地球の大気で屈折された光のためわずかに赤く、肉眼でも目をこらせば見えます。いわば 「暗い満月」 ですね。
 このときもしあなたが月面上にいたら、太陽が地球にさえぎられる日食が見えるはずです。近い将来、そんな光景を楽しむ宇宙観光旅行が実現するかも知れませんね。
のぞみ公園から見た皆既月食のようす

 日没の頃、東の地平線から赤銅色の満月が登ります。皆既は時間30分間も続くので、午後時頃には満月の日なのにまわりの星座も暗い星まで見ることができるでしょう。
 
時を過ぎると、明るさが戻った月のために、等星以下の星々は見えなくなります。

 
 この月食中に、もうひとつ興味深い現象が起こります。恒星が月に隠される現象を 「星食(せいしょく)」 と言いますが、みずがめ座のσ(シグマ)星が隠されるのです。
 この星は4.8等星なので、普通の満月であれば月が明るすぎて望遠鏡でも見えないでしょう。しかし今回はちょうど皆既月食中なので、
双眼鏡や望遠鏡で充分に観測することができます。
 珍しい天体現象をダブルで楽しめるなんて、何だか得をした気分ですね。特に月から出現する瞬間は、空も暗くなっているので、ひょっとすると肉眼でも観測出来るかも知れませんよ。楽しみです。
 一方、南の空では明るい2つの輝きが目に付きます。さそり座の一等星アンタレス(さそりの心臓)と木星とが接近して並んでいるからです。
 木星は太陽系最大のガス惑星で、望遠鏡ではその縞模様や大赤斑が印象的ですよね。
 今年の 「のぞみ観望会」 にも
星空ボランティアの方が大きな望遠鏡を携えて参加してくれるかも知れません。
 さそり座には見応えのある星雲などもたくさんありますから、オーナーさんの解説を良く聞きながら、夏の夜空を大いに楽しんでください。

【 干潟星雲 M8 】 光度6.0 等 距離4850光年。

【 三列星雲 M20 】 光度9.0 等 距離2300光年。

 夏の星雲の代表ともいえるとても美しい散光星雲です。「干潟星雲」という名まえは、星雲の中を横切る暗黒帯の複雑な模様が、写真では水が引いたあとの干潟のように見えることから名づけられました。

 M8のすぐ北にある散光星雲です。暗黒星雲によってつに引き裂かれたように見えるので、ハーシェルによって命名されました。
 星雲中にある
等級の高温星の放つ光によって淡いピンク色に照らし出されています。

 この日は本当に見どころが満載です。実は小惑星 「ベスタ」 が木星に大接近しているからです。
 皆既中は空が暗くなるので 「まだ小惑星を見たことがない。」 なんていう人には絶好のチャンスなのですが、
等星なのでまわりの星々に紛れて探すのは大変かも知れません。

諌早市多良見支所公民館主催 多良見町のぞみ公園 第12回 星を見る会

  8月28日(火)    ごご6時30分 《 場所:のぞみ公園広場 》  .

 雨天・曇天の場合は中止です。今回は予備日はありません。詳しいことは 43-0049 多良見公民館まで。

 「多良見天文館」 Top Page に戻る