長崎県諫早市多良見町のぞみ公園 星空観望会 2013

 めざせ「土星はかせ」 in のぞみ公園

8月8日(木) ごご7時 のぞみ公園広場に集まれ !!
諌早市多良見町のぞみ公園 第18回 親子で星を見る会
星座早見盤(せいざはやみばん)や双眼鏡(そうがんきょう)があったら持ってくるといいですよ。

 毎年恒例の夏休み星空観望会を、今年は日に、多良見町のぞみ公園芝生広場で実施します。 今回は観望会の人気者「土星」がちょうど見ごろの時期になっていますので、このさい土星の正体(しょうたい)を詳(くわ)しく知って「土星はかせ」を目指(めざ)しましょう。 。  
☆ 土星は水に浮く?
 土星 【どせい Saturn】は、太陽から番目の軌道にあり、太陽系の中では木星に次いで2番目に大きな惑星ですよね。
 半径は地球の約
倍で、体積はなんと 318 倍にもなります。
 ところが巨大な
ガス惑星 なので、その平均密度(みつど)は 0.70 g/cm3に過ぎません。
 水の密度
1.0 よりも小さいのですから、プールに浮かべたら、土星は水に浮いてしまう でしょう。
 と言っても、そんな大きなプールなんて、宇宙にはありませんけどね。

☆ 土星には着陸できない!

 土星の中心には岩石からなる中心核(ちゅうしんかく)があると考えられていますが、その大きさは直径の 10 分の 以下で、あとの 割は、水素やヘリウム、アンモニアなどのガスが取り巻いています。
 ですからあなたが宇宙船で土星表面に降りたとしても、
ずぶずぶとガスの中に沈んでしまう ばかりで、着陸(ちゃくりく)は不可能でしょう。
 望遠鏡で見ると土星表面には白や黄色の縞模様(しまもよう)がありますが、これは時速 1800 kmという強烈な嵐(あらし)の中で、凍ったアンモニアの結晶(けっしょう)が吹き飛ばされている姿です。
☆ 土星の環は、めっちゃ小さな氷
 望遠鏡で見た土星の最大の特徴は、何と言っても神秘的な 環の美しさ でしょう。ボイジャー探査機によって木星や天王星にも環が発見されていますが、土星のものは規模が大きくて目立ちます。
 つある環は、直径が 4000 5000 kmあるにもかかわらず、厚さはほんの 20 m程度なのです。そのほとんどは氷のかけらが平面状に集まったもので、ひと粒の大きさは数cmから、大きくても 10 m前後(自動車くらい)です。
 環の起源については、過去に土星に近付きすぎて破壊された土星衛星の残骸であろうという説が、現在最も有力です。
☆ 衛星エンケラドゥスに微生物存在の可能性?
 土星は少なくとも 62 個の衛星を持ち、うち 53 個には正式な名称が付けられています。最大の衛星は「タイタン」で、小型の望遠鏡でも見ることができますから、ぜひ今日は目に焼き付けてください。
 また、地球外生命体(ちきゅうがいせいめいたい)に適した場所の有力候補として、衛星「エンケラドゥス」が浮上しています。
 残念ながら直径
500 kmほどなので望遠鏡で確認できない小さな衛星ですが、探査機(たんさき)カッシーニの観測により、南極付近のひび割れから、水蒸気が間欠泉(かんけつせん)のように吹き出している姿がとらえられました。
 液体の水、有機炭素、窒素など、
生命を形成するのに必要な元素 が大量に見付かったのです。
 近いうちに、地球以外で微生物が生存している証拠が、史上初めて発表されるかも知れません。

土星の衛星エンケラドゥスの表面
から噴出する細かい氷状の粒子

☆ ほかにも夏のほしぞらは見どころがいっぱい!
 東からはいよいよ 「夏の大三角形」 に当たること座の 「ベガ」 はくちょう座の 「デネブ」 わし座の 「アルタイル」 が姿を見せて来ます。9時頃まで頑張れば、こと座のふしぎな リング星雲ドーナツ星雲を望遠鏡で楽しむことが出来ますよ。
  今年もまた、長崎市、諫早市、大村市などから
星空ボランティア の方が、大きな望遠鏡持参(じさん)で参加してくれると思います。
 屈折式や反射式、ドブソニアン型など、違った形式の望遠鏡をハシゴして覗(のぞ)けるなんて、こんな幸せな体験(たいけん)はめったに出来ません。
 
夏の天の川 の周囲には見応え(みごたえ)のある 散光星雲球状星団 などがたくさんありますから、望遠鏡オーナーさんの解説を良く聞きながら、夏の夜空を大いに楽しんでください。

リング星雲(M57)


諌早市多良見支所公民館主催 多良見町のぞみ公園 第18回 親子で星を見る会

8月8日(木)  ごご7時 《 場所:のぞみ公園芝生広場 》.

雨天・曇天の場合は中止です。予備日は8月9日です。詳しいことは 43-0049 多良見公民館まで。

 「多良見天文館」 Top Page に戻る