1.のぞみ公園(のぞみ会館屋上)

 まずは、多良見支所横の交差点(そう「吾妻寿司」の前です)から、大草(おおくさ)方面へ車でたった3分。わずか 50mくらいの高台ですが、見える星の数は、街中(まちなか)で見るより確実に3倍は増えますね。晴れた夜には気軽に立ち寄れる絶好(ぜっこう)ポイントです。
 不定期(時期は決まっていないということ)ですが、ときどき
「のぞみ会館」の屋上で「星を見る会」を開いています。25cmシュミットカセグレイン望遠鏡で、惑星(わくせい)の表面模様を見ることもできますよ。実施する日は「広報いさはや」でお知らせしますから、ぜひ君も参加して下さい。              (観望会の詳しいことは、多良見公民館 TEL 0957-43-0049 まで。)


    「町報たらみ」 より
 前日までの雲がうそのように晴れわたった7月31日、のぞみ会館屋上で「星を見る会」が開催されました。
 当日は、満天の星空が広がる絶好の天体観測日和で、県内各地から星見が大好きな愛好家が大きな天体望遠鏡を携えて集まってくださいました。
 おかげで詰めかけた150名の参加者は、7台の天体望遠鏡をかわるがわる覗きながら真夏の夜空を十分に堪能することができました。

 
 → 講師の説明に耳を傾けながら、月面や星雲を見せていただきました。
 途中、人工衛星の光跡という貴重な一瞬も見ることができ、会場からは歓声が沸きあがりました。


もくじページへ