のぞみ公園から見た北の空(北極星の探し方) 

もくじページにもどる


多良見町から見た北の空 (7月20日午後9時頃)

 君は、自分の家の庭に立って、正確に北の方向を指さすことができますか?。北極星(ほっきょくせい) のさがし方は理科の授業でも習いましたね。まずは実際に自分の眼で見て、北の方向を確認しましょう。

 ひしゃくの形をした北斗七星 (ほくとしちせい) は知っていますね。そのひしゃくの底にあるふたつの星の間隔を倍伸ばしたところに、北極星があります。または 「W」 の形をしたカシオペアの、両側の星の線を伸ばして、その交わった点から中央の星までの間隔を倍しても北極星は見つかります。

【おおぐま座】 紀元前1200年頃のフェニキア人が作った星座と言われ、北斗七星は熊のおしりとしっぽにあたります。 【カシオペア座】 Kassiopeia は、エチオピアの王ケフェウスの妻であり、またアンドロメダ姫の母でもあります。

 空が晴れてさえいれば、北斗七星 カシオペア のどちらか、または両方が、いつの季節も必ず見えています。北斗七星もカシオペアも、実際に夜空で眺めてみると、本の上で考えていたより意外に大きいことがわかりますよ。

 さて今、北斗七星が見えていたら、ぜひ、ひしゃくの柄の端から番目の星 (上の写真でミザールと表示されています。) をしっかり見つめてください。この星は肉眼二重星として有名で、すぐ横にアルコル (「かすかなもの」の意味) という等星の伴星があるのですが、それが見えれば視力は 1.以上と言われています。古代アラビアでは兵士の視力検査にも使われていたそうですよ。

 実はミザールアルコルもそれぞれにさらに連星なので、望遠鏡では全体で4重星となっている姿を見ることが出来ます。

( 資料 : 「夜空の美術館」 Sinforest )



もくじページへ