おもしろ科学手品講座

メニューへ戻る

・・・ フォークやじろべえに挑戦 ・・・

講座指導:諫早市多良見町 子ども科学てじな講師 田浦 和憲


【 材料 】 10円玉:1個 金属製フォーク:2本 ガラスコップ:1個(紙コップは不可)

【 あそび方 】 
フォークの四つの刃(は)の真ん中に十円玉を刺して、2本のフォークを固定し、
・・  それをコップの縁(ふち)に乗せてやじろべえを作ります。

 最初は十円玉の端を指で支え、手前に倒れそうなときには2本のフォークを少し拡げ、向こう側へ倒れるときにはフォークを手前側へすぼめるなど、しばらく練習を積んでみてください。
 要領(ようりょう)がつかめると誰でも上手につり合います。

 全体がコップの外に出ているのに 落ちないでつり合う姿 はとても不思議ですね。


【 原理 】
 特別に何の仕掛けもありません。
・・  フォーク1本の 重心(じゅうしん)は、指に乗せて見るとわかるように、ほぼフォークの中心の位置にあります。
 フォーク2本と十円玉を組み合わせたとき、上から見てフォークの中心を結んだ線が
支点 より内側を通っていれば、全体の重心が支点の真下に来るのでやじろべえになるのです。

 ただしコップによっては、飲み口が丸く整形(せいけい)されているために、十円玉が乗りにくい場合があります。その時はコップを裏返して、底の縁(ふち)に乗せてみてください。



【 発展 】
 たとえばこれを机の天板(てんばん)の端でおこなったと考えます。
・・  もしも上から見て装置全体が机をはみ出していたら、これは誰がどう考えたってそれで静止するはずはないんです。

 全体の重心が机の内側にかかるためには、少なくともフォークの後ろ半分は天板(てんばん)の端の線より中に入っていなければなりませんよね。
 しかしそれではフォークの柄(え)が机にあたってしまいます。

・・
 この実験は、それを
コップの端に乗せた ところがポイントなんです。
 コップの外にあると、まるで全体が支点の外にあるように感じてしまいますよね。言わば人間のちょっとした錯覚(さっかく)を利用しているわけです。

 

もっとくわしく知りたかったら 「子供に受ける科学手品77」 第26ページ 後藤道夫 著 講談社ブルーバックス 820円

  手品メニューの一覧へもどる
064/081