おもしろ科学手品講座

メニューへ戻る

・・ 法隆寺芯柱の謎にいどむ ・・・
 

講座指導:諫早市多良見町 子ども科学てじな講師 田浦 和憲・・



 奈良の法隆寺(ほうりゅうじ)は紀元607年に建てられ、世界最古の木造建築物と言われています。
 地震が多いこの日本で、高さ30mを越す五重塔が、1400年間も壊れずに現在まで残っていることは、奇跡としか言いようがありません。

【 材料 】  画用紙  厚紙(台紙用) ダブルクリップ はさみ のり カッターナイフ


【 つくり方 】 
 画用紙(または厚紙)を右図のように切り取ります。
 厚い台紙の上にのりで
の足を固定し、その上にを貼(は)り付けます。

 たった2段の塔ですが、これを法隆寺の五重塔(ごじゅうのとう)だと思ってください。
 同じ塔をふたつ作ります。

 
【 あそび方 】
 
 さて奈良地方に地震が起きました。台紙ごと横に揺(ゆ)らしてください。
 地震と同じくらいの振動数(
1 秒間に 回)で激しく揺らします。
 二つの塔はとても大きく揺れるので、もし中に人がいたらとても助からないでしょうね。

 次にひとつの塔にだけ「芯柱(しんばしら)」を取り付けましょう。
 
をふたつ折りにし、の天井にくぐらせてから先端にダブルクリックを取り付けます。
 この
は糊付けする必要はありません。


 これでは重心の位置が高くなって、なおさら不安定になると思いがちですが、先ほどと同じように台紙ごと毎秒
回で激しく揺らしてみてください。
 なんと
芯柱を取り付けたほうは、ほとんど揺れません ね。
 中に人がいても大丈夫のようだし、塔が倒れる心配もなさそうです。

 

【 原理 】
 
 五重塔には中心に一本の太い柱が吊るしてあり、これが地震の時に塔本体とは逆向きに動いて、変形や揺れを抑制(よくせい)するはたらきをしています。 このような柱を 芯柱 と言いますが、1300年前の宮大工たちがこうした効果を知っていたとは驚きです。

 このような芯柱を使った 免震(めんしん)構造 は、東京タワーや東京スカイツリーなどでも取り入れられています。

SEIさんの切り絵

東京タワー

   

 

【 「法隆寺の謎」の型紙を手に入れるには 】

ここをクリックしてください

もっとくわしく知りたかったら Newton別冊「理系脳を育てる実験と工作」 第80ページ 日本ガイシ ニュートンプレス社 \1000
または 「子供に受ける科学手品77」 第122ページ 後藤道夫 著 講談社ブルーバックス \820

 

  手品メニューの一覧へもどる
039/081