おもしろ科学手品講座

メニューへ戻る

・・・ 鏡文字を簡単に書けますか? ・・・
 

講座指導:諫早市多良見町 子ども科学てじな講師 田浦 和憲



【 材料 】 鏡 用紙 えんぴつ
 

【 あそびかた 】 
 
 あなたは「鏡文字(かがみもじ)」を知っていますか。鏡に映すと正しく読める、左右が逆転した字のことです。
 ためしに「今日は晴天です。」という文章を、左右逆に書いて、鏡に映(うつ)してみましょう。
 
 この鏡文字は、
右利(き)きの人が右手で書くのは大変苦労します
 左手(利き手の逆)でなら比較的(ひかくてき)楽に書けるかもしれません。でも、正確に書けるようになるまでに、少し練習が必要です。

     
・・
【 工 夫 】 
  ・・  さて、この「鏡文字」を、右手(利き手)ですらすらと書く方法 をお教えしましょう。
 用紙を「おでこ」に貼(は)り付け、左から右へと文章を書いてみてください。
 ほら、スラスラと普通の感覚で鏡文字が書けたでしょう。不思議ですね。

【 原 理 】 
   
・・  人間は、えんぴつの先を手前に向けたとたんに、脳が左右反転(はんてん)して、鏡文字状態になってしまうのです。
 なぜ脳にこんな機能(きのう)が隠されているのか、はっきりとした理由は分かっていません。
・・

 

 

もっとくわしく知りたかったら 参考図書:「科学でゲーム ぜったいできる」 第9ページ コブ/ダーリング著 さえら書房 \1113

 

  手品メニューの一覧へもどる
068/081