おもしろ科学手品講座

メニューへ戻る

ミラクル三角形 

 講座指導:諫早市多良見町 子ども科学てじな講師 田浦 和憲



【 材料 】  グラフ用紙 えんぴつ はさみ

  


【 あそびかた 】

・・・
 右上のような図が書かれたグラフ用紙をお友達に渡して、
 「これは直角三角形です。最初に大きさを確認しておきましょう。」
 と言います。
 「小さな目盛りを数えてください。
横は13マス、縦(たて)は5マスですよね。」

 「では濃い線に沿(そ)ってこれを4つの図形に切り分けでください。そしてそれを今度は左下のように並べ替えてください。」
 あれ、こんどは図形の中に隙間(すきま)が出来ましたね。全体の面積が広くなったからでしょうか。
 「これも三角形ですよね。縦と横の目盛りを数えてみてください。」

 なんとびっくり。ひとマス分だけ明らかに隙間が出来たのに、さっきと同じく、横は13マス、縦は5マスなんです。いったいこれはどういう事でしょう。不思議です。


【 たねあかし 】  
   
 同じ用紙を使ったのに、まるで面積が変化しているように見えます。しかし実は、これはちょっとしたごまかしのテクニックなのです。
 ただし、図形を注意深く観察しないと、そのカラクリにはなかなか気付きません。

 何度も並び替えながら、図形の境界あたりをよーくチェックしてみましょう。何か気付きましたか。
 お友達に説明するときには、右のふたつの三角形で、aの角度とbの角度とが、微妙(びみょう)に違うことも付け加えてください。

 

【 上図の型紙図面を手に入れるには 】
図の上でマウスを右クリックし、「名前をつけて画像を保存」を押します。

または、ここをクリックしてもダウンロードできます。

 

もっとくわしく知りたかったら 「科学でゲーム ぜったいできる」 コブ/ダーリング著 さえら書房 \1133

 

  手品メニューの一覧へもどる
049/081